暮らしの「場」を手作りする。

こんにちは。
今日は、もしかしたらDIY派の皆様の参考になる?かも??なウェブサイトをご紹介します。

http://machiyeah.tumblr.com/

1014400_661668300564656_89799059_n

tumblr_mzascqCfIf1tpgvhho1_1280

tumblr_n048q5cRlV1tpgvhho1_1280

tumblr_mzuzg2WF9u1tpgvhho1_1280

(写真はmachiyeah!から拝借)

「machiyeah! 」は熊本で、ほぼDIYで古い町屋をこつこつ再生している人々の、「こつこつの蓄積場所」(←HP冒頭の言葉より)。
まだまだ始まったばかりと言えるプロジェクトですが、廃墟同然から始まるリアルタイムなストーリーはワクワクドキドキだけでなくハラハラヒヤヒヤ(!)をも共有する感じがとても斬新。
絶妙なライティングで撮影された画像からは手触りやニオイまでが伝わってくるよう。
しんどいこともたくさんあるはずですが、そうした生々しくリアルな、「暮らしをつくる手応え」を味わいつくすようなたくましさがサイト全体にあふれていて、見ていてとても元気づけられる気がするのです。

さて、当地岡崎や近隣地域にも古い町屋や三河独特の民家のかたちを伝える住まいがまだまだ残っています。
そうした古いものは壊して(=廃棄処分して)建て替える、というのが従来のパターン。
確かに古い住宅はモノによって耐震性などに問題があることもありますが、柱も集成材でなく無垢のヒノキや地松であったり、職人さんの手わざが効いていたりと手間ひまかけて作られた家が多いのも事実。
ご紹介した「machiyeah! 」プロジェクトのように、そうした良い仕事や、新築時より味わいを増した素材の風合いをゴミにしてしまうことなく、逆に飲み込んで新たな暮らしや商いの場として価値を創造する、というのはある意味とてもクリエイティブなことだと思うのです。

写真 (4)

こちらは松本で見たカフェ。
この写真ではわかりにくいですが、間口が狭く奥になが~い、典型的うなぎの寝床的な町屋。

写真 (5)

こちらは京都で撮影。元はほんっとうに普通の住まいだったはず…。

これから家を持とうという方は、建売を買う、とか、まっさらな土地に夢に描いたメーカーハウスや注文住宅を建てる、という以外にこのような古い住宅の「再生&創造」なんていう選択肢も考えてみられるのも、もしかしたらとっても楽しいことなのではないかな~?と思います。
こうした古い建物はおおむね新しく開発された宅地よりも便利なところに建っていることが多いですし…ねっ?(≧▽≦) 

「machiyeah! 」のようにDIYで取り組まれるのもいいし(ハウズなら材料もいろいろあります♪)、
プランや断熱や耐震(これとっても大事!)のお悩みや職人さんの手配に関してはリフォーム部でお力になりますよ~~。
お考えの方はぜひぜひご相談くださいね。
私たちリビングスタイルハウズ リフォーム部 がこの三河地域のリノベの先頭にぜひ立ちたいものです♪

本日は岡本でなくひさびさに安藤がお送りいたしました(*^^*)。
お天気下り坂ですが本日もテンション↑でまいりま~す(笑)。

(不動産探しは当社不動産部門「ハウジングバンク」がお手伝いいたしますのでこちらもどうぞお知りおきくださいねっ♪)

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く