カテゴリー「雑談」

暮らしの「場」を手作りする。

こんにちは。
今日は、もしかしたらDIY派の皆様の参考になる?かも??なウェブサイトをご紹介します。

http://machiyeah.tumblr.com/

1014400_661668300564656_89799059_n

tumblr_mzascqCfIf1tpgvhho1_1280

tumblr_n048q5cRlV1tpgvhho1_1280

tumblr_mzuzg2WF9u1tpgvhho1_1280

(写真はmachiyeah!から拝借)

「machiyeah! 」は熊本で、ほぼDIYで古い町屋をこつこつ再生している人々の、「こつこつの蓄積場所」(←HP冒頭の言葉より)。
まだまだ始まったばかりと言えるプロジェクトですが、廃墟同然から始まるリアルタイムなストーリーはワクワクドキドキだけでなくハラハラヒヤヒヤ(!)をも共有する感じがとても斬新。
絶妙なライティングで撮影された画像からは手触りやニオイまでが伝わってくるよう。
しんどいこともたくさんあるはずですが、そうした生々しくリアルな、「暮らしをつくる手応え」を味わいつくすようなたくましさがサイト全体にあふれていて、見ていてとても元気づけられる気がするのです。

さて、当地岡崎や近隣地域にも古い町屋や三河独特の民家のかたちを伝える住まいがまだまだ残っています。
そうした古いものは壊して(=廃棄処分して)建て替える、というのが従来のパターン。
確かに古い住宅はモノによって耐震性などに問題があることもありますが、柱も集成材でなく無垢のヒノキや地松であったり、職人さんの手わざが効いていたりと手間ひまかけて作られた家が多いのも事実。
ご紹介した「machiyeah! 」プロジェクトのように、そうした良い仕事や、新築時より味わいを増した素材の風合いをゴミにしてしまうことなく、逆に飲み込んで新たな暮らしや商いの場として価値を創造する、というのはある意味とてもクリエイティブなことだと思うのです。

写真 (4)

こちらは松本で見たカフェ。
この写真ではわかりにくいですが、間口が狭く奥になが~い、典型的うなぎの寝床的な町屋。

写真 (5)

こちらは京都で撮影。元はほんっとうに普通の住まいだったはず…。

これから家を持とうという方は、建売を買う、とか、まっさらな土地に夢に描いたメーカーハウスや注文住宅を建てる、という以外にこのような古い住宅の「再生&創造」なんていう選択肢も考えてみられるのも、もしかしたらとっても楽しいことなのではないかな~?と思います。
こうした古い建物はおおむね新しく開発された宅地よりも便利なところに建っていることが多いですし…ねっ?(≧▽≦) 

「machiyeah! 」のようにDIYで取り組まれるのもいいし(ハウズなら材料もいろいろあります♪)、
プランや断熱や耐震(これとっても大事!)のお悩みや職人さんの手配に関してはリフォーム部でお力になりますよ~~。
お考えの方はぜひぜひご相談くださいね。
私たちリビングスタイルハウズ リフォーム部 がこの三河地域のリノベの先頭にぜひ立ちたいものです♪

本日は岡本でなくひさびさに安藤がお送りいたしました(*^^*)。
お天気下り坂ですが本日もテンション↑でまいりま~す(笑)。

(不動産探しは当社不動産部門「ハウジングバンク」がお手伝いいたしますのでこちらもどうぞお知りおきくださいねっ♪)

スマホがドアホンに!

こんにちは。リビングスタイルハウズ リフォーム部です。

みなさん家電はお好きですか~??

近頃は家電芸人なんて方もいるくらいですが、
新製品チェックが早くて、
ウンチクいっぱいな方が世の中にはたくさんいらっしゃいますね。

今日は、住宅の電気設備に関して、ちょっとこれは、
と思うものがありましたので皆様にご紹介しますね。

新築されたばかりのお客様で比較的すぐ追加で工事されることが多いのが、
コンセントやスイッチなどの電気設備関係です。
ここにスイッチが欲しかったとか、コンセントが思うところになかったとか…
生活し始めて気づくことも多いですからね(T^T)。

ドアホンの子器増設もそのひとつ。

そんな中で、パナソニックからドアホンの信号をワイヤレスで
スマホに送ってくれる固定電話機が今月発売されました。

つまり、この固定電話機があれば、ドアホンの子機がなくても、
手持ちのスマホが子機の変わりになり、
ドアホンの呼び出しに応答できるということ。
さらに、子機を増設しなくても、家のWi-Fi環境にある
スマホ4台までが電話機の子機(そしてもちろんドアホンの子機)として利用できるのです。

残念ながらカメラ付ドアホンのカメラ画像まではスマホで見ることはできないのですが、
あらかじめ来ることがわかっているお客様であれば、
お待たせせずに、すぐ応じてあげられたほうが親切で感じよいですよね。
(逆に予定のない来客であれば、モニターでチェックするまでお待たせしても失礼はないですよね?)

このほか、スマホから固定電話を経由して電話をかけることもできますし、
(固定電話にかけるときはそのほうがオトクですね)
スマホから内線電話のように親機に電話することもできます。
また、ドアホンが鳴らされた場合、出先でスマホで応答することもできます・・・が、
個人的には、ご商売の方以外はそこまでして来客に対応しなくてもよいのでは?
と思ったりします。

スマホをご利用で専用の無料アプリをインストールすること、
固定電話をこちらの機種に買い替えること、
連動のドアホンをご利用であることなどが条件にはなりますが、
ドアホンの変更をお考えの方、また、
子器を2階のどこに置こうか…とお悩みの場合など、
これがあれば一発解消ではあります。

メーカーの商品紹介ページはこちら↓
http://panasonic.jp/phone/gdw03/

新築やリフォームに関してドアホンをお考えの方は、
こんな電話機もあるんだ、ということをお知りおきいただくと
電気設備類のプランニングに少し役立つかもしれません。

近頃、とくに照明に関しては、
LED照明も調光機能(明るさの強弱を変える)がついていたり、
演色機能(青白い光と黄色い光が変えられる)がついていたり、
配光も上向き下向き間接照明といろいろとめまぐるしくて、
こちらも勉強しておかないとという感じなのですが、
ドアホンなど弱電設備や各種制御系の
電気設備も知らないうちに進化していますので、
私たちも進化においついていかないと…というところです。

リビングスタイルハウズ リフォーム部として、
みなさまによりよい住まいのアドバイスができるよう、
スタッフ一同がんばります♡

安藤でした(*^^*)。

人気ブログランキングに参加しています。
ますますお役に立てるようがんばりますので、よろしければぽちっと!よろしくお願いいたします♡


人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村
 

季節の旬で家しごと

こんにちは。
リビングスタイルハウズ リフォーム部です。

柑橘がおいしい季節ですね♡
旬のゆずでマーマレードを作ってみました。

JAで買ったゆず、これでわずか200円分!

完成は↓の写真のビン満杯、プラス100cc分の小びん1杯できました。

手作りって安い!スバラシイ!(笑)

ゆずマーマレードの作り方をご紹介しておきますね。

①ゆずを洗って重量をはかり、重量の40~50%の砂糖を用意する。

②皮と中の実に分ける。
 皮はすじをとって細かく千切りし、4~5回ゆでこぼして苦みを抜く
(苦みを取りきることはできませんし、砂糖を入れれば和らぎますが、苦いのが苦手な方はやや念入りにしてみてください)。
 実もついているすじをできるだけとり、袋の一部を切って種を出し、
 袋ごとあらく刻んでおく。

③ゆでこぼした皮、刻んだ実、砂糖を鍋にいれて煮る。
 ゆずはほかの柑橘よりペクチンが多いのため、
 さめるとだいぶ固くなるので少しゆるめのとろみで煮詰め終了です。
(火から下ろす前に味を見て、甘みが薄いと思われたらお砂糖を足して煮てくださいね)

お湯で溶けばゆず湯にももちろんgood。
紅茶に入れたり、しょうが湯に入れたり、
マーマレードチキンならぬゆずチキンにも…。
パンに塗る以外にもいろいろ楽しめますね~。

私は日中は家にいませんので
こうした食事に直接関わりないものの調理は基本夕食後、
テレビでも見ながら…ということになります。

台所に立ちながらでもテレビを見ている家族の会話にも加わりたかったので、
我が家を建てるときは、「料理をしながらテレビが見れる!」
というのが私にはとても重要でした。
残念ながらスペースの都合で1列の対面キッチンではないのですが、
壁側とリビング側と2列になったキッチンから、
テレビや家族をちらちら気にしながら手作りを楽しんでいます。

結局のところ壁付けキッチンでもときどき振り返ればいい話で、
重要なのはつまり、「キッチンとテレビの位置関係」、なんでしょうね。

振り返っても、あるいは、対面でも、
キッチンにいる自分だけが、テレビの横顔や背中を見てるとか・・・
あるいはテレビの姿さえ視界にないとか・・・
自分だったらかなり悔しいかも!(爆)。

さて、みなさんならキッチンから何が見えていてほしいですか?

ハウズリフォーム部では間取りやプランの変更を含むリフォーム、
リノベーションのご相談を承っておりますので、
ぜひご利用くださいね♡

安藤でした(*^^*)。

人気ブログランキングに参加しています。
ますますお役に立てるようがんばりますので、よろしければぽちっと!よろしくお願いいたします♡


人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村
 

ウルトラハウズ開催中

こんにちは。リビングスタイルハウズ リフォーム部です。

今日と明日の二日間、岡町の本社総合センターで行われる木材と建材の総合イベント「ウルトラ市」に合わせ、
ハウズ店内でもイベント「ウルトラハウズ」(ナイスネーミングでしょう~(笑))開催中です。

カルクウォールの体験もできます!

みなさまぜひお立ち寄りください!

安藤でした(*^^*)。

人気ブログランキングに参加しています。
ますますお役に立てるようがんばりますので、よろしければぽちっと!よろしくお願いいたします♡


人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村
 

タイルの魅力

こんにちは。リビングスタイルハウズ、リフォーム部です。

先日常滑までちょっとした研修に出かけていました。

写真は研修先のタイルメーカーの玄関に飾ってあったモザイクタイルの壁画。

写真では大きさがわかりにくいと思いますが、
なんと畳三畳分!!!のど迫力です。

原画は江戸時代の日本画家、伊藤若冲の「鳥獣花木屏風」です。
ウンチクなど知らずとも想像力を刺激されるファンタジックな絵柄と色遣い…。
タイルでここまで再現できるんだなぁとハゲシク(笑)惹きつけられてしまいました。

近頃の住宅では住宅の中でタイルが使われているのは玄関床やポーチくらいのようですが、
昭和までは、キッチン回り、玄関回り、トイレや洗面、浴室などにタイルはよく使われていました。

傷がつかず、清潔で、いつまでも色鮮やかなタイルは
割れさえしなければほぼ永久的な美しさを保つものです。

機能性素材として「エコカラット」は有名ですが、
浴室の床などにしいてもひやっとしない「サーモタイル」なんて優れたものもあります。↓

タイルは、石油製品のクロスにありがちな色あせや劣化とは全く無縁で、
なおかつ、建材パネルのような無表情さもありません。

タイル自体は工場で大量生産されるものなのですが、
現場で職人さんが施工することで生まれる表情がその魅力を増しているのでしょう。

無垢木材や塗り壁、アイアンなどの金属とも相性のよいタイル、
空間のアクセントに少しでも取り入れられると、住まいの表情を豊かにすることになりますね♡

リフォーム、リノベなどお考えの皆様はぜひご検討なさってみてくださいませ。

安藤でした(*^^*)。

人気ブログランキングに参加しています。
ますますお役に立てるようがんばりますので、よろしければぽちっと!よろしくお願いいたします♡


人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村
 

お庭も秋の装いです・・・♡

こんにちは。
リビングスタイルハウズ リフォーム部です。

朝晩涼しくなり、そろそろ長袖で通勤されている方も多いのでは?

私ごとで恐縮ですが、我が家の庭先もすっかり秋の装いになってまいりました。

この春植えた栗の苗木にはたった一つではありますが実がついて、
もうあと少しで収穫できそうです♡

栗の後ろでフェンスに絡みついているのはブドウ(巨峰とデラウエアです)。

こちらは花だけひとつつきましたが、実るまえに枯れておちてしまいました・・・(泣)。

フェンスは普通の一番安い穴あきのコンクリートブロックに、
普通のどこのメーカーにもある一番安いスチールに塩ビ被膜のついたネットフェンスですが、
このようにブドウなどのツタ植物を絡めると、そのチープ感も
ほとんど気にならなくなるのがおわかりいただけるかと思います。

ネットフェンスにはゴーヤやキュウリなどを誘因して菜園のようにするのも方法ですが、
こうしたお野菜ですと一年で植えかえが必要なのと、
からみついた弦や茎をほどくのもなかなか手間ですので、
多年生のものにしておいたほうが、冬場に少し枝を整理するくらいで維持管理がらくです。
こうしたブドウのような落葉性のものでもよいし、
目隠しを兼ねたいのであれば、常緑性のものがおすすめです。

ブドウは大いに実りが期待できるので個人的には超お勧め♡
ほかに、花も実も楽しむならキウイやアケビやムべ(アケビのような実がつく常緑のつる性木本です)、
花とを楽しむならやはりつるバラやクレマチスでしょうか♪

輸入のオシャレなエクステリア建材や、ナチュラルな木の板塀も素敵ですが、
お安く丈夫なネットフェンスも見せ方次第…と思います。

ハウズリフォーム部ではこのような植栽を含めた
エクステリア・ガーデンのご提案ならびに施工も承っておりますので、
お庭づくりや外構プランなどお考えの方はぜひお問い合わせくださいね。

安藤でした(*^^*)。

人気ブログランキングに参加しています。
ますますお役に立てるようがんばりますので、よろしければぽちっとよろしくお願いいたします♡


人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村
 

スケッチパース

こんにちは。
リビングスタイルハウズ リフォーム部です。

少し前の話ですが、女性スタッフ2名で早描きスケッチパースの講習に出てまいりました。

なかなかユニークで話も面白い先生で、画材も通常とはだいぶ違い、
いろいろと目からウロコの講習でありました。

写真は最後に先生がデモンストレーションとして描いてくださったもの。

おしゃべりしながら目にもとまらぬ速さで、本当に10分くらい!で描かれていました。

その姿はまさに、「ネ申」・・・・・!!  

参加された方が40名くらいいらっしゃったのではと思いますが、
みなさんあいた口がふさがらない状態でした。

私たちハウズのリフォーム部スタッフも精進いたしますよっ・・・・・・・!!!

ところで話はやや変わりますが、その先生、私たちのようなプロだけでなく、
まったく一般の方に対しても、おなじような講座を開かれているのだそうです。

実際にスライドで一般の方がお描きになったものもいくつか紹介してくださいました。

寸法や角度なんかはさすがにテキトウであったりはするのですが、
でも、そこでしたい暮らしであったり、そこに見たいシーンが、
ほんとうによくわかるものばかり・・・

「絵」と聞くと苦手意識を持たれる方もいるかもわかりませんが、
こんなキッチンダイニングがいいな、とか、こんなリビングがいいな、とか
あるいは、こんな秘密基地がほしいな、とか・・・・
そんなふうにちょっと手を動かしてみると、
工務店やリフォーム会社から図面などで提案が出てきたときに、
「う~ん、これどうなのかなぁ~」というのでなく、
「あっ、これ近い!」とか、「いやこれじゃないな・・・・」とか、
よりクリアに受け止められるようになるかもしれないな、となんとなく思いました。

絵ごころのある方ならきっととっても楽しくなっちゃうと思いますよ~~♡

ともあれ先生のHPをご紹介しておきますのでご興味ある方はぜひご覧ください。

gallery Hasenori

すべてのみなさまが、ご自分の納得できるリフォームや家づくりができますように。

安藤でした(*^^*)

人気ブログランキングに参加しています。
ますますお役に立てるようがんばりますので、よろしければぽちっとよろしくお願いいたします♡


人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村
 

植物の癒し…

こんにちは。リビングスタイルハウズ リフォーム部です。
お盆を過ぎて暑さも一段落してくれるといいな~と願うばかりの毎日です。

私ごとで恐縮ですが、庭のクワの木に実がなっています。

皆さまご存じかわかりませんが、クワの実は本来初夏、梅雨のころに実をつけます。

上の写真は6月のもの。
品種がわからないのですが、すごいたくさん実がつくのです・・・(- -;

一度の収穫でこれくらい(500gくらいかな?)。
3週間ほどの間に、トータルで3キロ近い実をつけたのではないかと思います。
生では食べきれないので何度かヨーグルト用のフルーツソースに加工。

生だと少し気になる青臭さも、フルーツソースにすると「野趣」という感じで好感が持てるのも不思議なもの・・・。
他にはバナナや柑橘などと一緒にミキサーにかけてスムージーにしたり。

桑の実は鉄分やポリフェノールなど栄養豊富でとてもからだにいいそう。
葉っぱもカラカラに乾燥させてお茶にして利用することができ、昔から日本人の暮らしと密接にかかわってきたのもなるほどなぁと思います。
英語圏では「マルベリー」、洋風のガーデン資材としてもなかなか使えるカワイイ奴です♡

実のなる木の剪定は、おおむねひとまずは収穫後すぐ。

そんなわけで我が家のクワも剪定直後はこんなだったんですが、ほんの2カ月たらずで元気復活!
という感じです。

通常桑は1季成り。
でも、クワに限らず、植物によっては、時々こんなサプライズも。
季節外れに花が咲いたり、実がなったりするのは思いがけずうれしく、木の生命力を感じて大きく癒されるものです。

みなさまもどうぞステキなガーデンライフを・・・♡

リビングスタイルハウズ リフォーム部では、植栽を含むガーデン&エクステリアのご提案並びに施工も承っておりますのでよろしければぜひご利用くださいね。

人気ブログランキングに参加しています。
ますます皆さまのお役に立てるようがんばりますので、よろしければぜひぽちっとよろしくお願いいたします♡


人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村